液タブ、iPad、iPhone何を選ぶ?お絵かき端末の選び方

デジタルお絵かきで直面する壁とは

デジタルお絵かきを始める時にまず直面する悩みは、どの液タブを買って良いのか全くわからないということではないでしょうか。

デジタルお絵かきがしたいという強い気持ちがあっても実際に「どうやって必要な機材を揃えたら良いのかわからない。」という人は意外と多いと思います。

実際に私がデジタルお絵かきを始めるにあたって、5ヶ月かけて散々悩んだのはこの部分でした。

その人の環境や絵のレベル、資金面の問題、何がやりたいかで全く揃える機材が変わってきます。

お絵かきに必要なものは3つだけ

下記の3つがあればデジタルお絵かきをすることができます。

・端末(専用ディスプレイ、iPad、iPhone)※パソコンを所有していることが条件です。

・専用のペン

・ お絵かきソフト(clip Studio paint Proなど)

この3つが揃えばデジタルお絵かきはスタートできます。

ゆづき

clip studio paint proはとても使いやすいです!

液タブを使うにはパソコンが必要

デジタルお絵かきをする上で必要なものの中で一番頭を悩ませるものは、どのような端末を使ってデジタルお絵かきをするかです。

本格的に絵を描こうと思うのであれば大画面の液タブを使うことをお勧めしますが、この場合にはパソコンが必要になります。

私の場合はデスクトップパソコンを所有しており、CPUはIntel core i7 8700Kです。

グラフィックボードも搭載しており4画面表示が可能な高性能なパソコンです。

「何の自慢だ!」と思うかもしれませんが特に自慢をしたい訳ではなく、私の場合は動画編集を目的に高性能なパソコンを使用しますので、そのついでと言ってはなんなのですが、この高性能なパソコンのを生かしてデジタルお絵かきをしております。

新品で買うと20万円以上するパソコンですので、同じ物を揃えるのは学生の方などには少々無理があるかと思います。

もちろん普通のノートパソコンでも大丈夫なのですが高性能なパソコンでないと、せっかく買った液タブの性能を生かしきれない場合があります。

液タブの性能を最大限に生かし切るためにはクリエイティブな作業をする専用のパソコンを買われた方が良いかと思います。

まさし院長

どんな用途でパソコンを使うかが大事です。

ゆづき

私はiPadでお絵描きしています!

パソコンの性能については詳しくここでは解説しませんがパソコンを選ぶ時には各パーツのバランスが大事です。

ツクモ電気、ドスパラなどパソコン専門店に足を運んでパソコン性能について多少なりとも詳しくなる必要があります。

とはいえノートパソコンを使って液タブを利用している方も多いと思いますので、初心者の方がそこまで気にする必要はないのかもしれません。

ムギ

ムギはノートパソコンに繋げているニャ!

液タブの選び方

まずは液タブを検討されてみえる方向けにご説明致します。

液タブの選び方については以前に書いた記事にまとめてありますのでそちらも参考にしてください。

今年に入り液タブは廉価版で高性能なものが各社から出ており液タブ界の価格破壊の波がきております。

そういう理由から売れているものを買っておけば間違いないと思います。

廉価版というのはプロが使用する高性能な液タブを、一般的にはあまり使われない機能を削ぎ落として安く提供している端末です。

元々高性能な液タブが元ですので性能はとても良いです。

それに加えて付属しているペンの性能も凄く向上しております。

ひろと

そういう理由で安くなっているなら買いですね!

私の買ったXP-PEN Artist 22 セカンドなら4万円代で大画面の液タブを購入することができます。

WacomやGaomonからもXP-PEN Artist 22セカンドと比較検討できるような商品が出ておりますので、自分に合うメーカーはどれかよく調べて購入されると良いかと思います。

まさし院長

XP-PEN Artist 22セカンドはとても使い心地が良いです!

Wacomは王道の日本メーカーですので、どの製品も少々お高いのがネックですが、プロが好んで使用するとても高性能な端末とペンを提供している液タブメーカーです。

中国メーカーのGaomonであれば値段の手頃さに注目ですね。

アメリカメーカーのXP-PENはその中間ぐらいで値段と性能のバランスが良いように思います。

液タブを買うと高性能なペンが付属でついてきますので、その性能と書き心地をしっかり調べておくと購入してから失敗したと思わずに済みます。

先ほども書きましたが液タブを使う場合にはそれなりのパソコンを用意しないといけませんので、液タブと同時にパソコンを買おうと思われるのであればかなりの資金力がないと難しいかと思います。

パソコンと液タブをあわせて最低20万といったところでしょうか。

学生さんには少し厳しいかな。

iPadで手軽にお絵かき

液タブを買ってパソコンと繋げるには少々を接続の知識が要ります。

分かっていれば簡単な事なのですが初心者の方には少々ハードルが高いかもしれません。

iPadはパソコンを扱うのが苦手な人、学生で 授業で利用したりYouTube などを端末でみたいという人に向いています。

IPad の最大の利点はその扱いやすさです。

買ってアプリをダウンロードすればすぐにお絵かきを開始することができます。

持ち運びも便利ですし、その手軽さゆえに iPad を好まれる方も多いです。

ただやはり液タブほどの性能はないので、出来る事には限界があります。

IPadを購入する場合、Apple Pencil 2が使える端末を利用することをお勧めします。

Apple Pencil 2はiPodとは別売りですが、ペアリング充電が便利な非常に使いやすいペンです。

ゆづき

ペンの性能と書き心地は超重要です!

スマホでお絵かき

ムギ

スマホで手軽にお絵描きしたいニャ!

iPhoneなら1日1時間ですが、clip Studio paintが無料で使えます。

スマホで長時間絵を描きたい人には関係ないことですが、少し空いた隙間時間に絵を描きたい人には1時間で十分かもしれません。

Android端末でもアプリをダウンロードして同じようにお絵かきは出来ます。

スマホで絵を書く場合、書きやすい専用のペンを選ぶのに苦労します。

安い物を買うと反応が悪くてとても書きにくいです。

液タブやiPadの場合はペンの性能を語れるのですが、スマホで絵を描く場合はペン選びも慎重にしてください。

何を選ぶかは貴方次第で

私の場合は絵を書きたいというよりも自分のブログに差し入れを入れたいというのが目的でした。

それくらいであればスマホでもiPadでも何でも良いのかもしれませんが、しかし、せっかくデスクトップパソコンが高性能なので今回は大画面の液タブを購入してデスクトップパソコンとリンクさせることにしました。

私は最初スマホで無料のお絵かきアプリを探して使用していたのですが、安物のペンを購入してしまったこともあり大失敗に終わりました。

スマホでお絵かきをしていて気になったのは画面の小ささです。

スマホでお絵かきをしていてどうしてもその画面の小ささがネックになりうまく書けなかったので、「大画面の使い心地はどうなんだろう?」と思いiPadも含めて5か月間探した結果、最終的には液タブを購入するに至りました。

道具が揃うと自分も変わる

XP-PEN Artist22セカンドという自分には釣り合わない性能ものを買ってしまったようにも思いますが、clip Studio paintの使い方を 勉強するにあたって、とても真剣に取り組むことができております。

こんな高性能な製品を買ってしまったからこそ、頑張らねばいけないという気持ちが湧いてきているのです。

何事もやる気が大事であり好奇心や探究心から自分の画力の進歩につながるのではないかと考えております。

まさし院長

創作意欲が湧いてきます!

ペンの性能を意識しよう

同じメーカーであってもペンの性能は製品よって違う場合があります。

液タブを買う時には製品レビューなどをしっかり読んで、出来れば現物が置いてある試し書きができる家電量販店に出向いて書き心地を試してみることをオススメします。

IPad の場合でもApple Pencil と Apple pencil 2では性能の差は歴然としております。

IPad の場合はApple Pencil 2に対応した端末を選ぶと間違いはありません。

スマホに適したペンについては私は詳しくありませんので、ご自身で Amazon などのレビューを見ながら買われるとよいかと思います。

ゆづき

使い心地を家電量販店などで確かめましょう!

clip Studio paint Pro

使う端末が決まったら次はどのようなソフトを使って絵を描いていくか決めなくてはなりません。

スマホなら無料でお絵かきができるアプリが沢山ありますので、ご自身に相性がよいアプリを選んで使用されると良いかと思います。

IPadや液タブの場合、私のオススメはclip Studio paint Proです。

クリスタの愛称でお馴染みのシェアNo.1のメーカーです。

間初めての方は無料で利用できる期間がありますので、上手く利用して製品を試してみてください。

「創作応援サイト」に登録すると絵の書き方や操作方法などをメールで送ってきますし、素材なども無料で多く使えます。

プロの描きな形なども私は参考にするのですが、使い方が高度すぎて今のレベルでは全く分かりません。

創作応援サイトでは初心者から中級者上級者までレベル分けされた解説がありますのでとても参考になります。

一番欲しいのは情報ですのでその辺りがしっかりしているclip Studio paintProはホントにオススメなお絵かきソフトです。

操作方法を覚えないと絵は描けない

クリスタでは操作方法をわかりやすく解説しておりますので、それに沿って絵を書いていけば特に問題なく創作活動ができると思います。

私の場合は書籍を一冊買ってそれを3回繰り返して読むということを必ずやるのですが、メールで送られて来る使い方マニュアルを見ていると、そういう本を買う必要もないくらい親切丁寧に書いてあります。

初心者の方こそclip Studio paint Proを使われると上達が早いのではと思います。

板タブはオススメしない

板タブという選択肢もあるのですが、私が店頭で試し書きをしてみてとても使いにくいと感じたので紹介は致しておりません。

パソコンと接続して書きたいけどどうしてもお金がないという方には利用価値はあるのかもしれませんが、慣れるまでにとても時間がかかります。

まとめ

液タブ 、iPad 、iPhone と3つの端末について書いてみました。

少しでも皆さんが端末を選ぶ際の参考になればと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です