「生理の貧困」支援へ 政府は予備費から約13億円を活用

政府は支援を決定

政府はNPOを通じて、貧困に苦しむ女性たちへ「生理用品」などを提供する支援を行うことを決めました。

男性にはわからない苦しみなのですが、無いと困るだろうと思います。

予算は13億円あまり

新型コロナに関する経済対策として、今年度予算の予備費から総額13億円余りを活用するそうです。

必要なものが買えない世帯には積極的に支援をするべきですよね。

“生理の貧困”とは、経済的な理由で生理用品が買えない人のことです。

まとめ

生理の貧困については大きな声では話をできない人も多いと思います。

政府が理解してこうやって予算を使うことには大賛成です。

日々の生活に役立つ支援がもっと増えるとよいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です