デジタル化人材育成に【3年間で4000億円】表明-岸田首相-

デジタル化に向けた人材育成

岸田首相は、デジタル化に向けた人材育成を強化するため3年間で4000億円の「政策パッケージ」を創設すると明らかにしました。

今後はより一層デジタル化に向けた人材が必要になってきますので、この辺りの対策強化は急務かと思われます。

まさし院長

デジタル化の流れは止められないですね!

ひろと

若者はこの流れに上手く乗ってスキルを身に付けておくべきでしょう。

演説の内容について

首相は人材投資につきまして抜本的に強化していきたいと思っている意向を示しています。

岸田首相は記者団にたいして、デジタル化に向けた人材育成を強化するため3年間で4000億円の「政策パッケージ」を創設すると語りました

年内の成立を目指す今年度の補正予算に反映させる方針です。

人材育成の内容は?

人材育成の内容については「民間企業や個人からアイデアを広く募って内容を決めていきたい」と岸田首相は述べるに留まり詳細は決まっていません。

必要な分野とはいってもそのスキルは多岐に渡りますので、どんな技術が企業にとって必要なのか探っていく必要もありますよね。

まさし院長

人を育てるってなかなか大変ですが、必要なスキルの根本は30年前となんら変わっていないのです。

まとめ

デジタル社会への移行には時代の変化を感じます。

平成から令和へ元号が変わり、私達が行う仕事内容もが変わるのも必然なのでしょうね。

中高年はその変化に対応出来ないかもしれませんが、これからの未来を背負う若者にはしっかりした教育を施してデジタル化に対応して欲しいなと思います。

デジタル化に向けたスキルは実際に仕事で活かそうと思うと知識だけでなく、けっこう体力も必要なので若者に向いた技術といえます。

私は高校3年間情報処理科でパソコンや経済・経営について勉強しました。

これから50年先を考えた時に伸びていくであろう分野ですので、しっかりとしたスキルを身につけてその分野で突出すれば、大きなお金を手にすることになるかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です