動画編集とは?「Adobe CC」について解説

動画編集の専門用語を知る

動画編集を始めると「操作方法」より聞きなれない「専門用語」が多く理解に苦しみますよね。

専門書を読んでいてAdobe CCと書いてあり、「CC」は何の略称なんだろう?というのが動画編集での私の最初の疑問でした。

「Adobe CC」の「CC」ってなんだろう?

「CC」は「Creative Cloud」の略称です。

「なんだそんなことか!」と分かってしまうと拍子抜けするような答えですが、わかるとスッキリですね。

そういった「専門用語」を知ることがスキルアップのカギになりますので、苦手意識を持たずに少しずつ覚えていくとよいでしょう。

Adobe CC

何かを始めようと思うと動画編集に限らず専門用語が多数出てきます。

まあ、専門用語を知らなくても簡単な動画編集はできますけど、一つ上の段階を目指す時に専門書を読んでも理解不能になってしまいますので覚えておくに越したことはありません。

まさし院長

何事も基本が大事ですよね!

ゆづき

専門用語苦手です!

動画編集とは?

動画編集アプリの役割は、スマホやビデオカメラなどで撮影した動画をまとめて、一本の動画に仕上げることです。

最近はスマホの動画撮影機能のレベルがとても高くなったので、高画質な動画が気軽に簡単に撮影できるようになり、動画撮影もyutubeの利用も身近になってきましたよね。

  • ビジネス用にPR動画を作成
  • YouTubeの映像コンテンツを作成
  • ホームムービーを作成  etc.

動画編集の技術を覚えておくといろんな用途で使えますし、これからさらに伸びてく分野ではないかと推測しております。

▲せっかく動画を撮影しても、映像素材をそのまま再生するだけでは視聴者には伝えたいことが正確には伝わりませんよね。

動画編集アプリを使用して主題のハッキリした映像作品にすることで、使用の用途は広がりをみせることと思います。

私たちが日常で目にするテレビ番組やCMた映画などは、その動画を視聴者が楽しめるように編集スタッフが時間をかけて編集しております。

そう!動画って編集作業がないと面白い映像にならないものなのです!

ひろと

いろんな用途で使えそうですね!

動画編集のカットの利点

不要な部分はカットして編集すると見やすく、見ていて飽きない動画になります。

撮影した動画をそのまま流すより、不要な部分をカットした方が何を伝えたいのかがハッキリします。

登山動画を30分撮影したとして、たとえば一番見せたい「目的地の滝の映像」を一番最初に5秒くらいダイジェストで入れてから登りの場面に切り替えると、目的地を意識しながら映像を見れますよね。

滝イメージ画像

少し趣向を凝らすことで、楽しくワクワクするような映像に仕上がります。

苦労した分だけよい作品になる

「見ていて楽しい!」と感じる動画作品は誰かが大変な思いをしているからこそ出来上がるのです。

視聴者目線で見やすく分かりやすい動画にするのはホントに大変で根気のいる作業です。

Adobe Premiere Proが「放送局や制作スタジオなどの現場でも利用されてる本格的な動画編集アプリ」と聞いて興味が湧いたのは私だけかな?

動画編集のプロと同じ動画編集アプリが使えると思うとみなさんテンション上がりませんか?

Adobe Premiere Proは動画の管理、カット編集、アレンジなど、多彩な多彩な機能を備えており、誰でもイメージ通りに映像作品を作れるアプリです。

まさし院長

プロ仕様のアプリです!

プロと同じ土俵に立つ

Adobe Premiere Proを使ってプロと同じ土俵に立ってみて思うのは、動画編集の技術は幅広く奥が深いということです。
※これ以下は「Premiere Pro」と書いていきます。

私たちが本職の方の技術に追いつくには相当な努力が要りますが、映画作品を作るわけでもないので、Premiere Proのごく簡単な編集方法を覚えるだけでかなり見栄えのする作品を作ることができます。

動画編集は基本的な操作をする分にはそんなに難しくはありません。

もう一歩踏み込んだ技術を習得したい場合はそれなりの努力と才能が必要でしょうけど、一般的なPremiere Proの使い方をする分には簡単な操作でクオリティーの高い編集作業ができます。

ムギ

かんたんが一番ニャ!

4Kの編集でも負荷が少ない仕組み

動画編集と聞くとパソコンの処理速度が気になる方も多いかと思います。

かつての動画編集では、もとの動画をそのまま扱うため、どうしても処理の負荷が高く高性能なパソコンが必要でした。

premiere Proでは事前に元素材のプレビューデータを自動生成して、それを編集する仕組みになっておりますのでパソコンの負荷は少なくて済み、一般的なパソコンでも快適に動画編集ができます。

この仕組みはすごいと思います。

負荷を減らす技術があるから4Kでも編集中は負荷を減らして編集ができ、編集が終わってから4Kの画質に戻してアップロードすることが可能です。

私自身はyutubeにアップロードすることが目的なので4K動画の編集はしませんが、処理の負荷を減らす努力って大事だなと感じております。

まさし院長

4K動画は子供の記録を残すとか、そんな用途で使用する方が多いかと思います。

ひろと

yutubeとの相性はどうですか?

まさし院長

yutubeではそれ程の高画質は求められていませんよね、きれいな画質より内容が大事です!

premiere Proの推奨するスペックのパソコン

高性能なパソコンは必要ありませんが、そこそこの性能のパソコンは必要です。

どのような用途で使用するかにもよりますが、今の時代の動画編集はYouTubeにアップロードする目的の方が多いのではと思います。

パソコンについてはpremiere Proに適した仕様のパソコンを使って動画編集をしましょう。

ちなみに、私は高性能なデスクトップパソコンを動画編集専用に一台所有しております。

デスクトップパソコン

それほど高性能なパソコンは必要ないとはいっても、もし技術の上達も考えて動画編集を行っていくのであれば、高性能なパソコンを買っておいて損はありませんよね。

動画編集を行うのであれば、ノートパソコンではなくデスクトップパソコンが適しています。

CPUの違いについていつかまとめたいと思いますが、大きな違いはCPUの性能です。

素人にはわからないでしょうけど、同じようなスペックにみえて全然違いますので、使用目的でパソコンやCPUを選ばれるとよいかと思います。

ムギ

違いのわかる男になるニャ!

まとめ

Premiere Proでなくても、動画編集のアプリはピンからキリまで存在するので予算と相談しながらどの編集アプリを使用するか決められるとよいのではないでしょうか。

ワクワク感はどの編集ソフトでもありますし、後はどれだけのこだわりを持つかですね。

携帯アプリでも簡単な動画なら無料で編集できますので、編集のやり方は人それぞれです。

このWebサイトではPremiere Proの使用方法について記事にまとめて解説していきますので、ご興味がある方はぜひ読んでください。

これから10年先を見据えたら絶対に動画編集の技術は身につけておいた方がよいですし、何より楽しいですのでもっと広く皆さんに動画編集の魅力をお伝えしていけたらと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です