【最新】Googleアドセンス広告[ウィジェットを使用した]貼り方(ワードプレス編)

Googleアドセンスに合格して行わないといけないのは記事の貼り付けですよね。

ワードプレスではウィジェットを使用して簡単にヘッダーやフッター、サイドバーの表示をカスタマイズできますので、今回はそのやり方を詳しく解説していこうかと思います。

設置する場所を確認

今回ウィジェットを設置する場所は「サイドバー(共通上部)」です。

目立つ場所ですのでGoogleアドセンスは必ず設置しておいた方がよいでしょう。

広告の設置場所を確認
ゆづき

一番目につく場所ですよね!

WordPressの管理画面にログイン

WordPressの管理画面に「ログイン」したら[外観]にマウスポインターを合わせて[ウィジェット]をクリックします。

利用できるウィジェットの中から[カスタムHTML]を選択してクリックします。

Wordpressの管理画面にログイン
ムギ

まずはWordpressの管理画面ニャ!

ウィジェットを追加

カスタムHTMLの中から今回は[サイドバー(共通上部)]を選択して、[ウィジェットを追加]をクリックします。

ウィジェットを追加する

カスタムHTMLが表示されます

指定の場所にカスタムHTMLが配置されます。

今回は「サイドバー(共通上部)」を選択しております。

カスタムHTMLが表示される

Googleアドセンスにログインする

Googleアドセンスの[サマリー]から[広告ユニットごと]をクリックして選択し、[ディスプレイ広告]をクリックします。

ディスプレイ広告をクリックする
ムギ

Googleアドセンスにログインするニャ!

新しい広告ユニットの作成

どこに配置する広告か分かるように名前を入力します。

今回は「スクエアタイプ サイドバー上部」と入力して[作成]をクリックします。

スクエアタイプ サイドバー上部で作成する

コードを取得します

使用したい広告ユニットの[<>]をクリックします。

今回は先ほど作成した「スクエアタイプ サイドバー上部」のコードを取得します。

コードを取得する

コードをコピーする

[コードをコピ]をクリックして、コード スニペットをクリップボードにコピーします。

コードをコピーする

カスタムHTMLに貼り付け

WordPressに戻り、「カスタムHTML」の①[タイトルに「スポンサーリンク」と入力]します。

タイトルには「広告」「スポンサードリンク」「スポンサーリンク」と入力するのがルールです。

※テーマによってはウィジェットが使えない場合もあるので注意しましょう。

「内容」にGoogleアドセンスの広告ユニットで②[コピーしたコードを貼り付け]て③[Save]をクリックします。

以上で設定は終わりです。

カスタムHTMLに貼り付け
まさし院長

コードを張り付けたら完成です!

アドセンス広告の確認

設定は全て終わりましたので、問題なくアドセンス広告が表示されているか確認してみましょう。

ちゃんと広告が表示されてますね。

スポンサーリンクというタイトルも入力間違いがないかチェックしておきましょう。

アドセンス広告の確認
ひろと

簡単ですね!

まとめ

Googleアドセンスの審査に合格して広告を張り付けるようになるとWebサイトを解説してよかったと改めて実感します。

旅行に出かけたら帰るまでが遠足です。

WordPressの場合はGoogleアドセンスの広告を張り付けるまでは気を抜かないようにしましょう。

私はGoogleアドセンスでのアフィリエイトを選択しましたが、A8netなど本格的なASPは多数あります。

ご自身の計画にあったASPを選ばれるとよいかと思います。

私がGoogleアドセンスを選んだ理由は広告の掲載終了による「リンク切れ」がないからです。

Webサイトを多数運営すると大変なのがリンク切れの処理です。

その都度メンテナンスしていたら時間がいくらあっても足りません。

それこそメンテナンスに時間を食って肝心の記事が書けないなんて事態になってしまったら本末転倒ですよね。

Follow me!

【最新】Googleアドセンス広告[ウィジェットを使用した]貼り方(ワードプレス編)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です