【24は時間かけ放題⁉】《60歳以上通話割》を3/1から提供開始UQ mobile

60歳以上通話割

UQ mobileは60歳以上の利用者を対象に、「60歳以上通話割」を2021年3月1日から提供開始します!

最近は若々しい高齢者の方って増えましたよね。

元気に活動的な60歳が多い以上、24は時間かけ放題は便利なオプションなのではと思います。

特に今の時期は新型コロナの影響で巣ごもりが日常となってしまいましたので、電話を使ってのコミュニケーションも大事なのです。

だからこその24時間かけ放題の「60歳以上通話割」なのではないでしょうか。

料金表、60歳以上通話割

永年月額1,000円割引に

60歳以上のお客さまが「くりこしプラン」および国内通話がかけ放題となる「かけ放題(24時間いつでも)」を申し込みいただくと、月額1,700円の通話オプション料金が永年1,000円割引となります。

割引の適用を受けるには条件がありますが、企業は格安でスマホを提供してるのでにサービスを増やす時には何かしらの料金は発生するのは仕方ないでしょう。

スマホの役割は本来電話です。

なので、通話にポイントを置いた契約内容にすることは当然のことと言えると思います。

年齢的にもパソコンやネット検索には不慣れでしょうから、通話くらいはストレスなく行いたいですよね。

オプションは必要なのか?

「かけ放題(24時間いつでも)」は通話オプションなので必要がなければ利用しないのが一番お得でしょう。

割引適用後の料金は1,700円(通話オプション/月)-1,000円(割引)=700円となります。

高齢者の方ってそれ程通話しない人も多いかと思いますので、UQ mobile側の戦略が見え隠れしますね。

ここに割引きを適用することによって、「1,000円割引きがあるなら。」と皆さんオプションを付けるので、結局対象者はみんなとりあえず付けておくという話になりそうですね。

UQ mobile側も契約する毎に700円が積みあがっていくので、その方が結果として売り上げが伸びるのでしょうね。

電話をよくかける人にとってはお得です

とはいえ、電話が月に700円でかけ放題になるならお安いかと思います。

女性は男性に比べて会話の能力が特に長けているので、きっと料金以上に電話をかけてすぐに元を取ることでしょう。

私がもし対象だった場合、仕事をしていればそこそこ無料通話を利用してお得なプランになるのですが、定年していたら特に電話をかけるところもないので宝の持ち腐れになるのではと推測しております。

機種にかかわらず利用できる

今までは「シニア割(60歳以上)」は「BASIO4」などの当社指定機種を利用している方限定でした。

「60歳以上通話割」のスゴいところは利用機種に関わらず割引対象となることです。

どの機種にでも対応させたのは大きな改革だと思います。

ユーザー側が利用しやすくなるのは良いことです。

「シニア割(60歳以上)」の新規受付は終了します

「60歳以上通話割」の提供開始に伴い、「シニア割(60歳以上)」の新規受付は令和3年2/28で終了となります。

現在「シニア割(60歳以上)」適用中の場合、、「シニア割(60歳以上)」の割引は継続されます。

※一部対象外の通話があります。
※会社名、各製品・サービス名は、一般に各社の商標または登録商標です。
※表記の金額は、特に記載のある場合を除き全て税抜きです。

まとめ

実質的な通話割引きに大きな特徴のある料金プランですね。

スマホ会社を選ぶ基準はどれも同じで、自分の生活スタイルに合うかどうかです。

「60歳以上通話割」がお得かどうかはその人のライフスタイルによりますね。

1000円×12か月で1年間で総額12,000円分も割引きになる訳ですから、うまく利用すればとってもお得に電話をすることができますよね。

↓↓オススメ記事

【緊急値下げ】ahamoは2700円/月に改定!さらに「dカード特典」一部特典増大を実施!

【値下げ戦国時代に突入】ソフトバンクは20GB月額2,480円の「LINMO」(ラインモ)を発表!格安SIMと比較して検証する

Sonyも値下げ合戦参戦!nuroモバイル3GB・720円から使える「バリュープラス」新登場!”貰って嬉しいGigaプラス”

20GB、2,480円au「povo (ポヴォ)」オンライン専用の新料金プラン

Follow me!

【24は時間かけ放題⁉】《60歳以上通話割》を3/1から提供開始UQ mobile” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です