低所得の子育て世帯、ひとり5万円給付!支援決定!

菅首相が給付を表明!

2021年3月16日、菅義偉首相は、「未来を担う子どもたちを第一に考え、ひとり親や所得が低い子育て世帯に対し、子ども1人当たり5万円を給付する」と表明しました。

ゆづき

これは嬉しい決定ですね!

関係閣僚会議で決定

生活困窮者らへの緊急支援策を取りまとめる関係閣僚会議で決定されました。

新しい給付制度の場合、詳細は状況が整い次第開示されるでしょう。

対象の方は政府の支援制度をうまく活用することをオススメします。

過去2回の給付金の計算方法

「子ども1人当たり5万円を給付」ということで、子供が3人いる場合は1人×5万円=5万円、2人目以降は3万円なので3万円×2人=6万円となります。

子供が3人の場合は合計11万円の給付金となります。

ムギ

過去の給付は不満の残る内容だったニャ!

今回は2人目以降も5万円給付される

今回は第2子以降も5万円が給付されます。

なので、対象の方は5万円×3人=15万円の給付金を受けとることができます。

ひろと

一律5万円は嬉しいですね!

厚生労働相のサイトを解説

厚生労働省は「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(仮称)」を解説したので詳しく解説しました。

↓↓興味がある下記のリンクの記事をチェックしておきましょう。

子育て世帯、低所得、生活支援特別給付金について解説

まさし院長

リンク先の記事もぜひ読んでみてください!

まとめ

ひとり親や所得が低い子育て世帯という制限はありますが、支援が決まったことは喜ばしいことと思います。

一律よりも世帯の状況に合わせての給付は平等といえるので不満の出にくいよい給付制度ではないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です