予備費5000億円超、低所得対策、子育て世帯5万円給付-政府の発表-

政府は緊急対策を表明

2021年3月16日、政府は長引く新型コロナの影響で困窮している子育て世帯、低所得世帯、非正規雇用労働者、を対象に緊急対策を表明しました。

来週までに5000億円超の予備予備費活用を決め、一人親・低所得の子育て世帯を対象に5万円給付などを実施する

菅首相-関係閣僚会合にて-

具体的な方針が気になりますよね。

新しい政策の場合、具体的な内容を積めていくのに時間を要するので、対象者や申請方法などは状況が整い次第情報をお伝えしていこうと思います。

支援策の主な内容

支援策の内容

〇職業訓練の拡充(就業困難な女性の支援や非正規労働者の職業訓練も拡充を目指します。)

〇フードバンクや子供食堂などの支援を実施します。(フードバンクや子供食堂などの取り組みに対しては60億円の予算を充てる方針です。)

〇緊急小口資金制度は4月以降も貸し付けを継続します。

〇一人親に対して月々10万円の給付金付きのコースを準備する方針です。

〇その他の支援

上記以外に、飲食業の資金繰り支援策やエンターテイメント業界や文化への追加支援などの対策も急いでとりまとめております。

まとめ

政府からの支援策が発表されて胸を撫で下ろしてみえる方もたくさんみえると思います。

政府の正式な支援基準の通達が待たれますが、生活に困窮してみえる方々はたくさんおられ、一刻も早い支援を願っている方も多数みえることでしょう。

政府には的確で素早い支援の詳細発表と迅速な給付をお願いしたいと思います。

Follow me!

予備費5000億円超、低所得対策、子育て世帯5万円給付-政府の発表-” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です