【速報】 “子供10万円給付”に「年収960万円」の所得制限導入で正式合意、自公党首会談

所得制限を設けることが決定

岸田首相と山口代表(公明党)の会談の結果、政府の経済対策の柱である18歳以下への10万円相当の給付について「年収960万円」の所得制限を設けることで正式に合意となりました。

この辺りは昨日の時点でもうだいたい察しがついていたことなので特に驚きはありませんが、話し合いの結果所得制限を設ける結果となったようです。

まさし院長

子供への10万円給付は年収960万円以下が対象です!

公明党、山口代表の会見

960万円で所得制限を設けるということで合意をした公明党はその事実について、大部分を対象にできるということで、大きな分断には繋がらないと判断したようです。

と公明党の山口代表は語りました。

年収960万円以上の高所得者の方はそれほど生活に困窮していないという判断なのでしょう。

この判断で、18歳以下の子供を持つおよそ90%以上の方々が10万円の給付金を受けることができるのではないでしょうか。

ひろと

対象にあてはまらない方は高額所得者とはいえ残念ですね💦

かえで

お金持ちはそれほど気にしてないのでは?

合意に至った理由

公明党は現金での一律給付を求めていましたが、下記の理由から合意に至りました。

◯対象世帯のほぼ9割がカバーできること。

◯児童手当の仕組みを使用することで速やかに給付することができること。

ゆづき

自民党の意見反映させた内容になりましたね!

マイナンバーカードのポイント付与について

マイナンバーカード保有者への「マイナポイント」付与については下記の通りです。

◯新たにカードを取得した人に5000円分を付与。

◯健康保険証として使うための申請をした人に7500円分を付与。

◯預貯金口座とひも付けをした人に7500円分付与。

あわせて「最大2万円分」を支給することでも合意しました。

ムギ

最大2万ポイント貰えるニャ!

まとめ

18歳以下への10万円給付はおおよそ予想通りの結果となりました。

マイナンバーカードのポイント付与については結構大きな額を提示してきましたね。

私はすでにマイナンバーカードを作り、健康保険証として使うための申請も済ませております。

預貯金口座との紐づけはまだ済んでいないので、その辺りはポイントが付与されるのかな。

マイナンバーカードは意外とセキュリティ面もしっかりしておりますので、この機会に作っておいて損はないのではないでしょうか。

また紐付けもとても簡単ですので、面倒くさがらずにやっておきましょう。

合計で2万円分のポイントが貰えるのであれば動く価値はありそうですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です