「LETOUR LED吊り下げ式ランタン」活用法!車中泊を明るいライトで快適に!

「LETOUR LED吊り下げ式ランタン」活用法!車中泊を明るいライトで快適に!

車中泊で快適に過ごす為の知恵

新型コロナ蔓延以降は、日本全国でキャンプをされる方が急増しているそうです。

ただ、キャンプとは言ってもテントを張って本格的にキャンプ場で過ごす人は少なく、その殆どは車の中で夜を過ごすそうです。

防犯面クマなどの野生の獣からの被害を避けるためにも車中泊が正解だと思うのですが、そうなると困るのは夜中は真っ暗になり寝る以外に楽しみがなくなってしまうということです。

車の室内灯をずっと付けているとバッテリーを消耗してしまう結果に繋がりますので、快適な車中泊ライフを過ごすためには何か別の方法で明かりを確保しなくてはいけません。

今回は、車中泊をする時に車内で明るく快適に過ごすための必需品ともいえる便利なアイテムを紹介したいと思います。

ひろと

車中泊を快適に明るく過ごす知恵を教えます!

ゆづき

キャンプ場の夜は暗いのよね💦

車中泊を明るいライトで快適に

私は家族で毎週のように車中泊をするのですが、日が落ちたからといってすぐに寝る訳でもなく、むしろ田舎の静かな環境は余計に目が冴えてしまい、深夜の時間帯まで起きていることが多いです。

ただ、そうなると車内で快適に過ごす為には光が足りないことに気が付きます。

もちろん車内灯をつければそれなりに明るくはなりますが、光は弱めですしエンジンをかけないで室内灯をつけっぱなしはバッテリーによくありません。

以前に乗っていた車旅先で何度もバッテリーが上がり、その度にJAFを呼んでバッテリーの充電をして貰いその場は解決したのですが、その時に「バッテリーがもう寿命ですので早めに交換してください。」とレスキューの人に言われたのです。

バッテリーの交換時期は仕方ないとしても、なんだかサイクルが短いような?と思いなぜか考えてみたところ、エンジンを消しての室内灯の使用が頭に浮かびました。

そればかりが原因だとは思わないのですが、電気を長時間使用しているのですから関係性はあると思った方がよいでしょう。

という訳で、車内の電気はなるべく使わない方向で車内を明るくする方法はないか考えました。

まさし院長

たいてい夜中に車のバッテリーが上がり困っていました💦

ムギ

車のバッテリーは使えば消耗するニャ!

キャンプ用ライトを活用しよう

私がAmazonで購入してキャンプで常に利用しているランタンは、「LETOUR LEDランタン 吊り下げランタン 高輝度 4000ルーメン キャンプランタン USB充電式 8800mAh 5段階調光モード 防水仕様」です!

Amazonの限定ブランドとなります。

沢山の種類があるランタンの中からコレを選んだのには理由があり、それはランタンの上部にフックが付いていて引っかけて使う使用になっているからなのです。

ランタンの使用方法はその方の車内での過ごし方によりますので、上部にフックが付いていることにメリットを感じるかどうかはその人次第だと言えます。

明かりがある車内でスマホをいじったり本を読んだりしても目が疲れにくくなりますし、明かりがないと寝る以外で車内に長時間居るのもちょっとしんどいですよね。

私の場合はこのようにサンバイザーの隅に引っかけるよういして吊り下げています。

これが夜に車で過ごしているとけっこう役に立っていて、今では車中泊をする時になくてはならない存在になっています。

「もう既にランタンなら使っているよ!」という方には必要のない情報だったかもしれませんが、「車内を明るくする=ランタン」に行きつくまでに私は5年の歳月を要しましたので、もし同じように車内が暗くて悩んでいる方がいたら試してください。

かえで

吊り下げランタン凄く便利でオススメです!

マルちゃん

闇夜を明るく照らしてくれそうじゃの~

USB充電で経済的

ランタンの電源については「LETOUR LEDランタン」はUSB充電式となっております。

電池を選択して使用できるタイプのランタンもありますが、この「LETOUR LEDランタン」吊り下げることを前提に作られていますので、軽さを追求した作りになっております。

実際に持ってみると凄く軽いので、持ち運びも便利です。

「電池と併用できる方が充電忘れの心配がなくて安心!」という人には向きませんが、吊り下げて使える利点を考えた時に私はこのLEDランタン一択でした。

充電は商品を購入するとついてくる「BタイプUSBコネクタ」ですることとなります。

台形の形をした「BタイプのUSBコネクタ」は最近は家電量販店でもはあまり見かけなくなり、置いてあっても棚の隅に追いやられています。

充電がまったく空の状態で充電した場合、充電完了は数時間後になりますので時間に余裕がある時に充電は済ませておきましょう。

ひろと

付属のBタイプUSBコネクタはケーブルが短めです!

かえで

私は家電量販店で1mのケーブルを改めて購入しました!

まとめ

「LETOUR LED吊り下げ式ランタン」は使い勝手がよいのでガチでオススメです!

車のバッテリーは消耗品ですが、今の時代は車のシガライターから充電ケーブルを繋ぎスマホの充電に利用したり、夜の車内では室内灯をつけっぱなしにしたりと、バッテリーを酷使する環境が整っていると言っても過言ではありません。

車中泊をするのであれば、車のバッテリーは消耗品だということも頭に入れておかないと思わぬところでバッテリーが切れて困る事態も想定できます。

車中泊の歴が浅い人は、こういった便利グッズを揃えるところから初めてみるとよいでしょう。

私は車中泊歴11年以上のベテランですが、最初はよく分からず準備不足11月の暗くて寒い車内で震えながら夜を明かしたものです。

その時はたしか神奈川県辺りのSAの駐車場で車中泊を何度かしたのですが、正直ほとんど眠れず、スマホを時々いじりながら寒さに耐えて過ごしていました。

今では毛布だったり、クッションや枕など快適に寝るためのグッズは常時車に詰め込んでいます。

「あと一つ何か足りない!」と思い最後に気が付いたのが夜を明るく照らす吊り下げ式ランタンだったのです。

一度充電が済めばかなり長時間使えますので、旅のお供にぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。