和歌山市 50%プレミアムつきデジタル商品券、カード型も同時に発行

和歌山市 50%プレミアムつきデジタル商品券、カード型も同時に発行

お得な商品券の発行が決定!

和歌山市で、新型コロナウイルスの影響を受けている地域経済の活性化を目的としたプレミアム付きデジタル商品券の発行が決まりました。

これは、3000円分購入すると4500円分の買い物ができる50%のプレミアムつきのデジタル商品券です。

50%のプレミアが付くなら利用しない手はないですよね!

この商品券は、ことし11月に発行することが決まっております。

ゆづき

50%のプレミアムつきのデジタル商品券の発行が決定しました!

ムギ

和歌山市は盛り上がりそうだニャ!

申込みと利用方法は簡単です

和歌山市が発行を予定しているのは、1口3000円で4500円分の買い物ができる50%のプレミアムがついたデジタル商品券です。

今後、設置される専用のサイトで事前にデジタル商品券を購入して、店舗のQRコードを読み取ることで使うことができる仕組みです。

高齢者の方は少々を使いづらさを感じるかも知れませんが、かなり簡単な決済方法になっております。

デジタル決済に不慣れな方利用する店舗スタッフに使い方を聞きながら利用されると良いのではないでしょうか。

何度も言いますが、それほど難しい決済方法ではありません。

ひろと

時代は紙からデジタルへ移行しています!

マルちゃん

年寄りのわしにも扱えるか心配じゃ~

カード型商品券も同時期に発行

デジタル商品券の他に、市は1口3000円で4000円分の買い物ができる33.3%のプレミアムがついたカード型の商品券も同じ時期に発行する予定です。

「デジタル決済は少し不安だから、カード型の方が良いかも。」と思われるかもしれませんが、カード型の商品券は若干還元率が低いのが難点ですね。

かえで

カード型の方が扱いやすくはあるわね!

どちらか選んで申込み

デジタルかカード型のどちらか1つを、1人あたり2口まで購入でき、財源は国の地方創生臨時交付金を充てることにしています。

3000円×2口を同じように購入した場合の利用できる金額を比較してみましょう。

デジタル商品券は4500円×2口=9000円

カード型商品券は4000×2口=8000円

どちらを購入してもお得なのは間違いありませんが、できることなら還元率の高いデジタル商品券を申込み・購入された方が良いのではと思います。

ゆづき

どっちにしようか迷いますね!

まさし院長

よりお得なのはデジタル商品券です!

商品券の利用施設など

商品券は、飲食店や小売店、交通、福祉サービスなど市内の2000店舗程度の利用を想定しています。

交通や福祉サービスにも使えるのであれば利用価値は高いですね。

和歌山市の商工振興課は、「新型コロナウイルスの影響を受けた市内の事業者を支援するとともに、地域経済の活性化を図りたい」と話しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。