緊急小口資金・総合支援資金【償還免除】-返済しなくてよい-

緊急小口資金・総合支援資金

【償還免除】

-返済しなくてよい-

条件次第で返済不要の支援制度

今回の特例措置では、償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還を免除することができるというところがポイントになります。

これは、条件を満たせば借りたお金を返さなくてよい制度ということになります。

ゆづき

返済しなくてよいのですか?

まさし院長

詳しくは償還免除のポイントを読んでください!

具体的な取扱いが決定!

緊急小口資金等の特例貸付における償還免除については、「償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還を免除することができることとし、生活に困窮された方の生活にきめ細かに配慮する」こととしていましたが、その具体的な取扱いを決定しました。

償還免除のポイント

-償還免除のポイント-

✔ 償還免除は、資金種類ごとに一括して行います。

具体的には、①緊急小口資金、②総合支援資金の初回貸付分、③総合支援資金の延長貸付分、④総合支援資金の再貸付です。

✔ 借受人と世帯主が住民税非課税であれば、償還免除の対象とします。

そのほかの世帯員の課税状況は問いません。

✔ 判定時期と判定対象となる課税要件は、資金種類により異なります。

上記が償還免除のポイントになります。

住民税非課税世帯かどうか分からない方は市役所に問い合わせて聞いて下さい。

社会福祉協議会では住民税非課税世帯かどうかは分かりません。

ムギ

支払わなくてよいのは嬉しいニャ!

まさし院長

要件を満たした方だけですが、助かりますよね。

判定時期と判定対象となる課税要件

特例貸付の償還免除に関するQ&A

Q1.償還免除を受けるための手続きはどのようにすればよいですか?

A1.償還免除は、社会福祉協議会へ申請していただきますが、具体的な時期や書類は、厚生労働省において検討中です。

Q2.住民税が非課税であるかどうかはどこで確認できますか。

A2.お住まいの市町村で非課税証明書をとっていただくことで確認ができます。

なお、令和3年度の課税情報が取得できる時期は、一般的に6月以降ですが、市町村へご確認ください。

Q3.なぜ全額が一括で免除ではないのですか。

A3.特例貸付は、貸付の実施方法において、緊急小口資金総合支援資金の初回貸付、延長貸付、再貸付を単位として貸付期間の設定や資金交付を行っていることから、償還免除の判定方法についても、貸付する際の資金交付額や順序を踏まえ、各々一括免除を行うこととしました。

償還になった場合の借受人の方の返済額や時期にも配慮しています。

Q4 住民税非課税の範囲内に住民税の所得割のみ非課税の者は含まれますか。

A4 含まれません。

ひろと

Q&A参考になりました!

お問い合わせ先

個人向け緊急小口資金・総合支援資金コールセンター

TEL 0120-46-1999

ゆづき

気軽に電話で問い合わせよう!

ムギ

なんでも問い合わせて聞いてみるとよいニャ!

まずはお近くの社会福祉協議会にお電話でお問い合わせして、申請に必要な書類を揃えて下さい。

社協から送られてきた書類

まとめ

コロナの生活困窮者のための特例貸付の利用額は1兆円を超えたそうです。

救済制度は知らないと申請期限が過ぎてしまい大きな損をすることになります。

そうならない為にも、まずはコールセンターに電話をして、緊急小口資金総合支援資金についてはキチンと情報を掴んでおきましょう。

条件を満たせば借りたお金が全額免除になるとても有難い支援金制度です。

↓↓関連記事

国税の納付が困難な方の為の猶予制度

国民健康保険料の減免制度【最大全額免除】新型コロナ感染症の影響を受けた方へ

【住居確保給付金】最長9ヵ月、再支給も可能です!

コロナ新給付金【困窮世帯向け】最大30万円で調整<政府>

Follow me!

緊急小口資金・総合支援資金【償還免除】-返済しなくてよい-” に対して13件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です