データベースを作成しよう【②-1Word Pressの初期設定】

データベースとは?

サーバーの契約とドメインを取得したら、次は「簡単インストール」でWordPressを利用できるようにしましょう。

その前に「データベース」を作成します。

レンタルサーバーの多くは、WordPressを簡単にインストールできる機能がついてます。

図1-1
図1-1

それでは、レンタルサーバー上にWordPress用のデータベースを作成してみましょう!

と言われても何のことか、よくわからないですよね。。。

管理する場所の違いです

一言で説明すると「管理する場所が違う」ということなのです。

●データベース→(記事本文とコメント)

●WordPress→(デザインと画像)

図1-1のようにWordPressとデータベースは管理してるものがそれぞれ違います。

そのため、WordPressを利用するには、文章やその投稿についたコメントなどを保存するデータベースが必要になります。

必要なものは作らないといけませんよね!

ゆづき

今回はデータベースを作るのですね!

そこで、WordPressをインストールする前に「MySQL」とういうシステムを利用したデータベースをサーバーの中に作成するのです。

MySQL

しかし、初期状態ではデータベースがまだ作成されていない状態なので、新しいデータベースをインストール前に作成しおてきましょう。

サーバーへのインストールは画面の指示に従っていくだけなので心配はいりません!

まさし院長

データベースの作成方法はかんたんです!

データベースを作成します

では、実際に手順に従ってデータベースを作成していきます。

データベースの設定や簡単インストールについてはサーバー側の設定になりますので、どのサーバーでもQ&Aなどで設定のやり方を解説しているでしょうから、そちらを見ていただいても良いかと思いますが、初心者の方には目的の場所にたどり着きにくいかもしれませんね。

この記事ではデータベースについては詳しく解説していきますので、一緒に設定していきましょう。

管理画面を表示

サーバーコントロールパネルを表示して「ログイン」します。

ログイン

データベースの新規追加

[Webサイト/データ]にマウスポインターを合わせて、②[データベース]をクリックして、③[新規追加]をクリックします。

ここは、クリックしていくだけですね。

データベースを新規追加

データベースを作ります

①データベース名を入力します。(「db」とここでは入力しましょう。)

※データベース名はアルファベットの小文字と数字の半角英数で指定します。

※今回はdbと入力しましたが、データベース名は特に決まりはないので、自分の好きな英数字を入れてください。(db2、tabi、data etc.)

②データベースの接続に使用するパスワードと確認用パスワードを入力します。
[データベース 文字コード][UTF-8(utf8mb4)]が選択されていることを確認しましょう。

④確認して[作成する]をクリックします。

データベースが作成されました

データベースが作成されました。

ムギ

かんたんニャ!

まとめ

レンタルサーバーの構造はなかなかイメージしずらいですが、データベースを作る作業はそんなに難しくありませんよね。

特に詳しく知っておく必要もないので、ここではデータベースを作成してさらっと作業を完了させましょう。

データベースが作成されたら、次は作成したデータベースを利用してWordPressをインストールしていきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です