月次支援金、入金時の勘定科目の記帳と売上合計のやり方

月次支援金、入金時の勘定科目の記帳と売上合計のやり方

記帳方法と売上合計の考え方を知ろう

「月次支援金」の申請は皆さんもうお済みでしょうか?

「月次支援金」では、個人事業主にひと月あたり最高10万円(法人は最高20万円)が支給される「 月次支援金 」は申請して審査に通ると、申請した金額が通帳に入金されます。

通帳に入金がされた後で皆さんが気になるのは、「月次支援金の勘定科目を何にすればよいか」と「入金された月次支援金の売上への計上方法」でしょう。

今回はどのような勘定科目を使って記帳すればよいかと、入金された月次支援金の売上計上の考え方について解説していこうと思います。

まさし院長

月次支援金の申請をする上で大事な知識です!

月次支援金の勘定科目は雑収入です

月次支援金が事業用口座に振り込まれたら、以下のように帳簿づけしましょう。

月次支援金、複式簿記と単式簿記の記帳例

「雑収入」とは、事業の収入のうち、営業活動外から生じたものを指す勘定科目です。

「 持続化給付金 」や「 一時支援金 」と同様に、月次給付金も「雑収入」に該当します。

「雑収入なら当月の月次支援金の申請時に売上に合計して申告しないといけないんじゃないの?」と思う方も多いと思いますが、実はそうではないのです。

対象月の申請時に以前に申請した月次支援金の入金が通帳あった場合は「雑収入」として計上するのですが、その入金額は「対象月の月次支援金の申請時には合計に含めなくてよい。」ということになっております。

例:6月分の月次支援金が7月に入金された場合の売上の計算方法

例えば6月に続いて7月も月次支援金の給付対象にあてはまった場合の売上と雑収入の関係性をみていきましょう。

売上げの他に雑収入があった場合は全てを売上として計上する必要がありますが、月次支援金は合計から除外できます。

〇売上:450,000円

〇雑収入:120,500円(内訳;6月分の月次支援金100,000円、広告収入20,500円)

上記の場合は入金された6月分の月次支援金100,000円を差し引いた金額を出します。

450,000円(売上)+20,500円(広告収入)=470,500円

この場合、 月次支援金申請マイページの「売上」の「2021年7月」の欄に470,500円の金額をご自身で入力することになります。

ムギ

同じ雑収入でも月次支援金は除外してよいのだニャ!

月次支援金の売上情報を入力しよう

月次支援金HPのマイページからログインして、売上情報を入力しましょう。

今回は「2021年7月」の欄に470,500円と入力することになります。

売上情報入力画面

一つ注意しないといけないのは雑収入にも色々あって、例えば広告収入などが計上された場合には売上と一緒に合計して申請する必要があります。

今回の例の場合は、広告収入は20,500円 でしたので合計して金額を入力します。

売上だけに目がいっていると見落としがちなところですので、忘れずに合計しましょう。

給付額の算定方法について

給付額は給付額算定式の通りです。

特に変わったことはなく通常通りに計算して頂ければよいのですが、一応再確認の意味を含めまして「給付額の算定式」を載せておきます。

給付額の算定式

私は7月分を既に月次支援金の申請を済ませましたが、6月分の月次支援金を売上に合計しなくてよいので助かりました。

今回は2021年6月分と2021年7月分の申請を例にとって解説しましたが月次支援金申請時の売上の入力方法について分かって頂けたでしょうか?

1ヶ月分の入金ならまだしも、審査の遅れや不備通知の関係上2~4ヶ月分が一気に入金されることもザラです。

月次支援金の入金額が、申請時の売上合計に含めなくてよいというシステムは弱者を救うとても優れたシステムだと思います。

ひろと

給付額の算定方法は特に変わりませんので、通常通りに計算しましょう!

まとめ

一時支援金の申請時にはまだ勘定科目については曖昧な部分があり、窓口に問い合わせても「今のところは検討中でこれから決まる。」という対応でした。

その時にも大まかな推測は出来ていたのでしょうけど、上からの通達がないと無責任に伝えられないから「まだ分からない。」という対応だったのかもしれません。

今回の記事は私が申請するにあたって迷った部分でもありますので、みなさんにも参考にして貰おうとまとめました。

同じところで迷っている人は参考にしてください。

月次支援金の申請をするようになって、2019年までしっかり働いてキチンと確定申告しておいて本当によかったと心より思っております。

新型コロナの感染拡大での国の救済策はありがたい限りですが、急ごしらえ故に分からないこともありますので、みんなで協力して情報を共有していきたいですよね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です