困窮学生【10万円給付】対象は修学支援制度の利用者ら20万人超-政府-

10万円給付の対象者が決定

政府は、コロナ禍で生活に困窮する大学生らに支給する10万円の給付金についての対象者について方針を固めました。

10万給付の対象となるのは、昨年度に始まった低所得者向けの修学支援制度の利用者らです。

「利用者ら」という表現を使っていますので、修学支援制度の利用者だけに限定された支援制度ではありません。

対象者は20万人超になると見込まれます。

給付対象者の詳細について

コロナ禍で生活に困窮する大学生らに支給する10万円の給付金についての対象者は下記の要件や理由に当てはまる方々です。

◯修学支援制度の利用者

◯経済的理由で修学継続が困難

◯コロナ禍で収入が大幅減

◯家庭から自立してアルバイト収入で学費を賄っているなどの要件を満たし、大学などが推薦する人

政府は修学支援制度の利用者だけでなく生活に困っている学生を幅広く救済していく方針です。

まさし院長

支援の幅が広がったことで救済される学生は増えるでしょう。

修学支援制度とは?

修学支援制度が何なのかについて軽くご説明しておきましょう。

修学支援制度は、住民税非課税世帯や、収入がそれに準ずる世帯向けに授業料を減免し、返済不要の給付型奨学金を支給する仕組みです。

昨年度は約27万2千人が利用しております。

ムギ

収入が低い世帯でも、勉強したい学生への支援制度を活用すれば進学が可能なのだニャ!

ゆづき

いろんな支援制度があるんですね!

まとめ

コロナ禍で生活に困窮する大学生らに支給する10万円の給付金については、昨年度に始まった低所得者向けの修学支援制度の利用者に限らず、生活に困窮している理由があり、困窮している状況をキチンと証明できれば受け取れるという内容になるのではないでしょうか。

生活に困っている理由は人それぞれですので、 私は対象でないと最初から諦めるのでなく、申請が開始されたら担当窓口などに電話で問い合わせをして給付要件とご自身の状況を照らし合わせて相談するとよいでしょう。

「私は対象ではないかも。」と思っていても相談してみると意外と対象に当てはまっていることもあるのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です