求職者支援訓練

求職者支援訓練

雇用保険を受給できない求職者の方は、無料(テキスト代等実費のみ負担)で職業訓練を受講しながら、要件を満たせば月額10万円の受講手当等の給付金を受け取ることができます。

求職者支援訓練については以前にも記事にまとめたことがありますので、より詳しく知りたい方は、【休職者支援制度】10万円/月給付、無料の職業訓練、就職サポートの記事をお読みください。

求職中の方で、原則として以下の5つの条件を満たす方

① ハローワークに求職の申込みをしていること。

② 在職中(週の労働時間が20時間以上)ではないこと。

③ 雇用保険の失業給付を受給中ではないこと。

④ 労働の意思と能力があること。

⑤ 職業訓練などの支援が必要とハローワークが認めたこと。

※ 給付金を受給するには、更に下に記載の「給付金の支給内容・要件」に記載の要件を満たす必要があります。

かえで

求職中の殆どの方があてはまるのでは?

ムギ

ムギもあてはまるニャ!

訓練の内容

① 早期就職のための訓練です。

② 訓練期間は2~6ヶ月です。(シフト制で働く在職者などを対象とした訓練コースは2週間から(令和3年度末までの特例))

③ 受講料は無料です。(テキスト代等、1~2万円程度の実費のみ必要です)

④ 国からの認定を受けた訓練を、民間教育訓練機関等が実施します。

⑤ 2種類のコースがあります。

・「基礎コース」:社会人としての基礎的能力や、短時間で習得できる技能等を習得できます。

・「実践コース」:就職希望職種における職務遂行のための実践的な技能等を習得できます。

ひろと

践コースを希望します!

受講の流れ

こちらをご参照ください(公共職業訓練と同様です)

給付金の支給内容・要件

【支給額】

〇 職業訓練受講手当:月額10万円

〇 通所手当:訓練実施施設までの通所経路に応じた所定の額(上限額あり)

〇寄宿手当:月額10,700円

※「通所手当」「寄宿手当」の詳細は、ハローワークにお問い合わせください。

【主な支給要件】(以下のすべてを満たす方が対象)

〇本人収入が月8万円以下(※)

※ シフト制で働く方、自営業、フリーランス、副業・兼業を行う方等で固定収入が月8万円以下の方等は、本人収入が月12万円以下(令和3年9月まで)

〇世帯全体の収入が月25万円以下

〇 世帯全体の金融資産が300万円以下

ゆづき

支給要件はけっこう厳しめですね。

お問い合わせ先

●手当の詳細な要件や具体的な手続きは厚生労働省ホームページをご確認ください。

●お住まいの地域で実施されている訓練については、ハローワークインターネットサービスで検索可能です。

●訓練の相談については、最寄りのハローワークにてご相談ください。

まとめ

求職者支援訓練についてより詳しく知りたい方は、【休職者支援制度】10万円/月給付、無料の職業訓練、就職サポートの記事をお読みください。

私のオススメはIT関連で、WEBアプリ開発科、Android/JAVAプログラマ育成科などにご興味がある方はぜひ基礎知識を身につけておいてください。

受けさせてくれるならWEBアプリ開発科に行ってすぐにでも一から勉強いたいくらいです。

なりたい職業は人それぞれなので何とも言えませんが、新型コロナ蔓延が続く限り今まで通りの職種に就くことは厳しいかと思います。

幅広い視野で世の中をみて、ウィルスの影響を受けにくい職種に就くという選択も長い人生を生き抜くためには必要なのではと私は考えております。

基礎、IT、営業・販売・事務、医療事務、介護福祉、デザイン、その他いろいろな職種がございますので、求職者支援訓練をうまく活用して技術を習得しましょう!

↓↓オススメ記事

月次支援金、以外で暮らしと命を守る為の支援策まとめ

初心者向け、アフィリエイトの仕組みを分かりやすく解説

新しい生活様式に適応し成功するための法則

【驚愕の事実!!】Amazonの過去の注文履歴をみて驚いたこと

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です