安っ!Y!mobile、7月の利用代金は44円でした

安っ!Y!mobile、7月の利用代金は44円でした

メールで届いたY!mobileの料金明細

Y!mobileから登録メールアドレスあてに毎月ご利用料金の案内が届くのですが、7月の携帯電話使用料は44円でした!

今年の前半にSoftBankからY!mobileに「のりかえ」して、基本料金の安さに改めて驚きます。

SoftBankの時は利用料金がバカみたいに高いので何とかならないものかも思案していました。

たしか9,000円くらい毎月ソフトバンクに支払っていました。

そんな最中、大手キャリアにたいして経済産業省が料金の値下げをするように通達を出して動いていることを知りました。

各社の特性や料金プランについて詳しく調べて「のりかえ」をしたのですが、メールで送られてくるY!mobileの利用料金明細を見ると早めに動いてホントによかったと思えます。

料金比較をするといかにソフトバンクが暴利をむさぼっていたのかが分かります。

その辺りはさよならソフトバンク!料金プランは見直さないと大損します!で書きましたが、もうあの時には戻りたくありません(笑)

Y!mobile7月の利用料金

◯基本料金:900円

◯通話料金:140円

◯その他のサービス:4円

この料金に光回線セット割引きが適用されて1000円引きとなります。

900円+140円+4円-1000円=44円という計算式になります。

7月の利用料金は実質44円ですね。

Y!mobileは通話品質がよいので、通話を受ける専用で持っているのですが、この値段でプラチナラインを使用できるのは嬉しい限りです。

ソフトバンクからY!mobileへの「のりかえ」はお得感がありと満足度が高いと感じます。

ゆづき

44円は安いですね♪

前月との料金を比較する

こうなると気になるのは先月の利用料金です。

今月との料金比較が載ってましたので比較してみましょう。

6月の携帯電話の利用料金はなんと0円です!

これは嬉しい驚きというか、最低料金での受け専用のスマホなので基本的には0円を基準に料金が推移しそうです。

Y!mobile6月の利用料金

◯基本料金:900円

◯その他のサービス料:3円

この料金に光回線セット割引きが適用されて1000円引きとなります。

900円+3円-1000円=-97円となります。

6月の利用料金はは実質0円ですね。

6月のマイナス分の97円が翌月に繰り越しになる訳ではないので、割引の権利はその月で消滅します。

ムギ

限界値引きだニャ!

スマホ料金の見直しをしよう

NTTドコモ、au、ソフトバンク大手キャリアをご利用の方は一度携帯料金を見直した方がよいです。

料金の見直しとは、NTTドコモ、au、ソフトバンクの店舗に出向いて「安い料金プランないの?」と聞くことではなく、サブブランドや格安スマホとの料金比較やメリット・デメリットを検証することです。

「のりかえ」で最初に行うことはNTTドコモならahamoauならUQ mobileやPoVoソフトバンクならY!mobileやLINEMOなど大手キャリアの系列会社を比較検討することです。

au関連では料金比較!PoVo(ポヴォ)、au、UQ mobileどれがお得?特徴を分かりやすく解説の記事で同ブランド内の料金比較をしておりますので参考にしてください。

NTTドコモの場合はサブブランドではないですがahamoがそれに近い位置づけになるのかな。

ahamo、PoVoLINEMOの3つを同じ価格帯で比べるならahamoが一番すぐれていると思います。

通話品質は落ちますが、利用料金が格安になる楽天モバイルやMVNO(格安スマホ)のサービス内容と利用料金を調べて比較検討することをオススメ致します。

大手キャリア以外にも沢山の格安キャリアが存在しており、顧客確保に向けて様々なサービスやお得なプランを用意しています。

まさし院長

大手キャリアのサブブランドは通話品質の良さが最大の売りです!

自分に合ったプランを見つけよう

10人いれば10通りの生活スタイルがあります。

それぞれに生活環境、通信環境や電波状況、趣味などが違う以上、自分にピッタリ合うプランも同じではありません。

各社のプランをじっくり比較検証すると、自分に合ったプランが見つかるのではないでしょうか。

何を重視するかで選択基準は変わるので、「のりかえ」には「これがオススメ!」と1つの会社に絞って話ができないのです。

ひろと

MVNOは料金めちゃ安いですよ!

2社と契約して安くする

私の場合、スマホは2台持ちしております。

スマホを2台持ちにした理由は、各社の料金プランやサービスを組み合わせると利用料金がさらに格安になるのです。

下記が私が今利用しているスマホキャリアと契約した理由です。

-スマホ2台持ちの組み合わせ-

◯Y!mobile:高品質の通話帯であるプラチナラインを利用する目的で使用、光回線セット割引きが適用されて1000円引きとなるので実質基本料金無料です。

◯楽天モバイル:1年間全て無料のRakuten UN-LIMIT VIを利用し、Android端末を購入して楽天ポイントを25,000ポイントGETしました。

まさし院長

2台持ちにすることで自分の思い描いた料金プランが出来上がりました!

大手キャリアの魅力とは

Y!mobileやUQ mobileなどの大手キャリアのサブブランドの魅力は何といっても通話品質の良さでしょう。

割安な料金でプラチナラインを利用できるので、仕事の電話がかかってきた時の受け専用として利用するためにY!mobileと契約しました。

また、SoftBank光を使っているので携帯料金から1000円割引きされます(Y!mobileを契約している家族全員に適用される)。

Y!mobileへ乗り換えた時の話は【料金見直し】9000円→1600円ソフトバンクからワイモバイルに「のりかえ」た場合でしておりますので、ご興味がある方は読んでみてください。

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドですが、LINMOは別会社となります。

通話品質はLINMOも同等によいのですが、ソフトバンクと別会社という位置づけであることを理解して利用しましょう。

LIMNOと格安スマホの比較も過去の記事で書いたことがあります。

最近では3GBのミニプラン990円(税込み)も出ていますのでLINMOも使い方によっては利用価値は高いかと思います。

ゆづき

仕事がメインで使うなら通話品質のよい大手キャリアか大手キャリアのサブブランドがオススメです。

使える楽天モバイル

普段使いでは楽天モバイルをメインで利用しています。

楽天モバイルの魅力は何といっても、その安さと料金体系の分かりやすさでしょう。

そして、Rakuten UN-LIMIT VIの0円キャンペーンが決め手で契約しました。

楽天モバイルの電話利用時の通話品質は50点で、自宅で電話をしていても電波が届きにくい場所では時々音質の悪さが目立ちます。

また、40分くらいの長電話をしていていると私の話している声が相手に聞こえなくなることがありますが、一度電話を切って再度かけ直せば元に戻ります。

楽天モバイルは回線エリアとローミングエリアがあり、電波のよい楽天回線エリアでないと自分なら契約しないかな。

他県に行った時にネット検索がたまにすごく遅くなることがあるけど、ローミングエリアに入ったからかもしれません。

ムギ

楽天は大赤字覚悟で頑張っているニャ!

まとめ

今年の前半は徹底的にスマホについて勉強していたのでスマホ業界の裏の裏まで知ることとなりました。

携帯電話業界の真実を知ると、大手キャリアで契約なんて絶対にできません。

ただ、大手キャリアは契約しているとその対応は万全で、そこと契約していれば幸せな気分で快適にスマホを使えます。

値段は高くてもフルサービスが良いのか、少し不便を感じても安さを求めるか。

この2択なのですよね。

どちらを選んでも間違いではないですが、私はなるべく安い料金で利用したいと思っていますので後者を選びます。

この記事を読んでる方の殆どはスマホ料金を少しでも安くしたいと思っているでしょうから、自分にピッタリな会社に「のりかえ」られるよう視野を広くして探してみてください。

MVNO(格安スマホ)ならMVNO大手のmineoとか機会があれば使ってみたいかなと思っています。

過去の記事ではMVNOはほんとに安いのか例をあげて解説したこともあるのですが、大手キャリアに対抗するには安さと突出したサービスしかありませんので、各社の特徴を生かせば思いがけない利点を見つけることがあります。

格安スマホが気になる方は、【限界値引き!】格安SIMなら400円で2GB、国内通話し放題が現実に!を読んでみてください。

↓↓関連記事

のりかえ時の注意点!スマホの周波数帯、大丈夫?

楽天モバイル、店舗で契約する時の注意点

楽天モバイル【事前にチェック!】店頭契約に必要なこと

大満足!「楽天モバイル」使ってみた感想をレポートします。

Follow me!

安っ!Y!mobile、7月の利用代金は44円でした” に対して9件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です