【限界値引き!】格安SIMなら400円で2GB、国内通話し放題が現実に!

“格安SIM”2GB国内通話し放題400円!

MVNOってホントに安いの?

ゆづき

格安SIMってホントに安いの?

まさし院長

はい!安いです!

携帯会社は値下げ合戦の真っただ中です!

大手さんキャリアも顧客を奪われまいと大慌てで値下げに踏み切っておりますね。

そんな中、格安SIMの存在意義が問われるようになってきました。

もちろん安さが売りの格安SIMも大手に負けまいと懸命の努力をしております。

ではホントに安いのか?

実例を挙げて格安SIMを選んでいきましょう。

格安SIMの最安値は楽天モバイル

ゆづき

日本の携帯は高すぎる!!

最安値の話をするなら楽天モバイルを抜きにして話はできませんが、楽天モバイルの件については異例中の異例です。

[Rakuten UN-LIMIT プラン料金1年無料キャンペーン]は衝撃的で私も思わず契約してしまいました。

これはホントの0円携帯で利用料は1年間全くかかりません。

通話料も基本料金もパケット代もす全てタダ!!

こんなことやって商売になるはずがありません。

大赤字になってもキャンペーンを敢行している楽天の三木谷さんには感謝しかないのですが、赤字運営前提では普通は仕事はできないですよね。

この話は異例のことなのでこの記事では除外します。

格安SIMは組み合わせることで真価を発揮する

楽天モバイルのキャンペーンは置いておいて、もしキャンペーンがない場合の格安SIMの最安値をお伝えすると月に400円で2GB、国内通話し放題というのが現在最も使えそうなプランではないかと思います。

「2GBじゃ足らないよ。」と思われるかもしれませんが、安さを取ったらどこかでその代償が必要になります。

あくまで2GBでは大丈夫という人の最安値の提案となります。

2つの携帯会社と契約を結び、その特性を生かしたなら安くてお得な格安スマホが出来上がります。

GBがどれだけ必要かはその人の生活スタイルによると思いますので、その辺りはご自身に合った最適なプランを選ばないといけません。

老舗のIIJのeCIMを利用する

IIJはデータ通信を行う面では問題点は少なく、eCIMでのデータ通信のみ契約すれば2GBで400円/月という低料金を実現できます。

2GBで400円/月なのであればとてもお値打ちにデータ通信ができるといえるのではないでしょうか。

とにかく「安く」使えるSIMを選ぶ場合はIIJが最適かと思います。

↓↓IIJの参考資料です

IIJ、2GB780円~「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」を提供開始!

国内通話かけ放題の楽天モバイル

ゆづき

楽天モバイル~♪

またまた出てきた楽天モバイルですが、1年間無料キャンペーンが終わっても実はとても利用価値が高い格安SIMなのです。

楽天モバイルの料金プランの凄いところは1GBまでなら使用料金0円/月なのです!

凄くないですか?

それに加えて通話料も専用のアプリを使えば0円/月で国内通話ができます。

国内通話はどれだけかけても0円/月なのだから1GBを消費しなければ事実上の0円携帯となります。

通話品質はとても良いと私は思っておりますが、1時間くらい通話をしていると途中で音声が途切れたりします。

しかし、これは3台キャリアでも経験しているのでMVNOだからの問題ではないように思います。

どちらかというと私はプラチナラインの携帯より楽天モバイルの方が通話しやすいです。

私の住んでいる地域は都心部で楽天回線エリアとなります。

パートナー回線エリアの方は通話品質が落ちるとみてよいかと思いますが、私はパートナー回線エリアを知りませんのでどの程度の通話品質かは分かりません。

↓↓楽天モバイルの参考資料です

楽天モバイル最強!プラン1年間無料のサービス開始《夢の0円携帯がついに登場しました》

IIJと楽天モバイルを掛け合わせる

2つの携帯会社の料金プランをご紹介しましたが、後はこの2つを上手に組み合わせて使うことで格安スマホは完成します。

携帯は2台持ちになるので、それが嫌な人は 1台のスマホに2枚のSIMカードを入れることができる「デュアルSIM」端末を利用しましょう。

「IIJ」はデータ通信専用に使います。

データ容量は2GBですけど、ご自宅に光回線などのWi-Fi環境があるなら家では快適にネットを楽しめるのではないでしょうか。

楽天モバイルは通話専用にします。

楽天モバイルは持っているだけなら0円/月の格安SIMです。

通話はアプリを使って行えば利用料金はかかりませんので、楽天モバイルを持っているだけで通話し放題の環境が整いますよね。

先ほども書きましたが通話品質は楽天回線エリアでは問題ないです。

IIJはデータ通信、楽天モバイルは通話専用

格安SIMはそれぞれに特徴があります。

ただ安いだけでは料金の競争になり利益は出なくなってしまいますから、それぞれに独自のサービスを展開するのです。

その中で特徴的なサービスを組み合わせることで無限大の可能性が出ててきます。

「400円で2GB、国内通話し放題」というのは快適に使う為にはちょっと現実的ではないですが、とにかく安くしたいという方向けのプランになりますね。

IIJはデータ通信ではとても人気の高いMVNOです。

楽天モバイルは使わないなら0円/月なので放置しておいても構わないですし、通話が無料なのでたくさん通話したい人もそうでない人も万人に受けるとても優れたサービスだと思います。

ひろと

IIJはデータ通信の老舗です!

私に最適な格安SIMをチョイスしてみる

私の場合はもう少しGBが欲しいなと感じてしまいます。

外でゲームをやったり動画を見たい訳ではないのですが、外でGBを気にせずネットを自由に検索したいなっ思っています。

そんな時に私が目にしたのはTONEモバイルで月額たった1,000円です。

TONEモバイル+楽天モバイルの組み合わせであれば、1,000円/月で通話もGBも気にせず格安スマホを利用できることになります。

ただ理解しないといけないのはTONEモバイルは通信速度が少し遅めだということです。

TONEモバイル側に聞いても通信速度が速いか遅いかの感覚は人によるので何ともいえないと言われてしまいます。

普通に使う分には特に問題ないのでしょうけど、使用していないうちは少し不安になりますよね。

オペレーターが大丈夫という以上は信じるしかありませんね。

私の場合は最安値を狙うのではなく、TONEモバイルを契約して2台持ちするのが最適ではと考えております。

↓↓TONEモバイルの参考資料です

使い方次第で最強!!”TONEモバイル”1000円は《ギガが減らない》

まさし院長

これくらいが私にはちょうどいい!

ぴったりのプランは人それぞれ

現在私はソフトバンクのウルトラギガモンスターに入っているのですが、利用料金がバカ高いと知って愕然としております。

GBはた大容量であった方がいいし、かけ放題があった方が安心だなとは思うのですが、実際にそれだけの金額が必要なかったりします。

使わないものにお金を支払うのが一番のムダです。

格安SIMはホントに様々なサービスとプランがありますので、自分にピンときたものを選ばれるとよいかと思います。

ムギ

ムギに合うプランも見つかるかニャ?

スマホを初めて契約する人には向かない

格安SIMは契約から設定、何かあった時のトラブルに至るまで全て自己完結しないといけません。

初めてでも大丈夫だよっていう若者はよいのですが、高齢者の方など格安SIMの仕組みにピンとこない方はまずは店舗があるところから始めた方がよいかと思います。

ビックカメラなどの場合、格安SIMを店頭で取り扱っている場合がありますので、近くにそういう場所を見つけたなら担当者に相談しながらスマホライフを楽しまれるとよいかと思います。

格安SIMは地域によって店舗が多い少ないがあって、mineo(マイネオ)は関西で店舗が多く、私の住む地域にもあまり行かない土地ですが1店舗入ってました。

九州の各県に1つずつショップがある格安SIM業者もいたりと探せば店舗はあります。

楽天モバイルについては全国に店舗を増やし中ですよね。

私の所有する戸建ての近くにも最近できたようなので、楽天モバイルに今度行って話を聞いてみようと思っております。

まとめ

格安SIMは調べると各社とても面白いサービスを行っております。

「こんなサービス誰が使うのだろう?」と思ってもそのサービスがピッタリくる人もいるのです。

沢山のサービスがあるからこそ、その可能性は無限大となります。

みなさんも、自分に最適な格安SIMを見つけてみてはどうですか?

↓↓オススメ記事

大満足!「楽天モバイル」使ってみた感想をレポートします

楽天ひかりは45,600円~57,600円が無料に、新規契約したので利点を徹底解説します!

【緊急値下げ】ahamoは2700円/月に改定!さらに「dカード特典」一部特典増大を実施!

【王者の風格】“LINEMO”20GBで2480円、特典あり!3月17日にサービス開始

《値下げ合戦勃発中》『y.u mobile』が5GB1490円の新プランを発表! 0円の修理保証つき!

Follow me!

【限界値引き!】格安SIMなら400円で2GB、国内通話し放題が現実に!” に対して5件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です