まずはレンタルサーバーと契約しよう【①-1WordPress初めて入門】

記事ではレンタルサーバーは「簡単インストール」機能があるサービスを選んだ方がよい理由や、私が使用しているさくらインターネットのレンタルサーバーを例に申し込み方法や希望するドメインの入力のやり方、会員登録や入力情報、契約者情報、支払方法などをレンタルサーバーの申し込みが完了するまでの流れをわかりやすくまとめております。

レンタルサーバーを選ぼう

レンタルサーバー選びはWordPressを始めるうえで最初の難関です。

みなさん普段の生活にレンタルサーバーなんて関係なく過ごしてみえますよね。

そういう私もそうで、「サーバーって何?」から始まりました。

サーバーをレンタルで借りると聞くだけで腰が引けてしまいがちですが、そんなに難しいものではございません。

むしろあっけないほど簡単に契約できてしまいます。

簡単インストール機能があるサービスを選ぶ

レンタルサーバーを選ぶ基準は何か?
それは「簡単インストール」機能があるレンタルサーバーを選ぶことをお勧めします。

主なレンタルサーバーを一覧でご紹介します。

主なレンタルサーバー一覧

  • さくらインターネット…スタンダードプラン月額524円が初心者の方にはオススメです!
  • XSERWER…契約年数によってご利用料金は安くなります(X10プラン 800円×12か月など)
  • ロリポップ!…ハイスピードプラン月額500円~
  • お名前.com…月額料金1300円(初期費用、ドメイン無料)  etc.

※各種サービスや初期費用は変動があるので記載しておりません。(キャンペーンで初期費用無料やドメイン1つ永久無料などの場合もありますので各サーバのWebサイトをチェックしてキャンペーンをうまく利用しましょう。)

※初回一週間から10日間のお試しサービスなども各社用意されてますのでうまく利用しましょう。

どこも魅力的なサービスを用意してるなとWebサイトを拝見すると感じます。

サーバーの良し悪しは分かりませんが、さくらインターネットとロリポップは使用したことがり、どちらもとても使いやすいサーバーです。

何を基準で選ぶかで大きく価値観が分かれるのがレンタルサーバーだと思います。

Webサイトを見比べながら、ご自身に合いそうなサーバーを選ぶとよいのではないでしょうか。

私は今までに3つのレンタルサーバーを使用した経験がありますが、特に不具合もなく使いにくさは一切感じたことがありません。

ゆづき

「簡単インストール」ができるレンタルサーバーを選びましょう!

大手のさくらインターネットを選びました

レンタルサーバーはどこを選んでも使用してる感覚としては大差ないです。

簡単インストールが終わったらそれほどサーバー側と関わる機会もないですし、利用していてストレスを感じないのは各社頑張って企業努力しており利用者の使いやすさと快適さを追求しているのかもしれませんね。

私の選ぶ基準は「簡単インストール」機能があるかどうかで、名前の通り簡単にWordpressをインストールできるのでオススメです。

私は大手のさくらインターネットのサーバーを利用しております。

さくらインターネットで「WordPress」を利用する場合には必ず「スタンダードプラン」以上を選びましょう。

通常の企業や個人サイトなら、容量的にも「スタンダードプラン」で十分でしょう。

ムギ

どのレンタルサーバーにしようか迷うニャ!

さくらインターネットで申し込みを始める

「スタンダードプラン」[お申し込み]をクリックします。

さくらインターネットの料金表

希望するドメインを入力する

希望するドメインを入力する。
この名前は初期ドメインとして使われます。

最初に入力されている「purpleturtle3」という名前を消して、好きな名前を入れましょう。

独自ドメインと似たような名前にしておくとよいでしょう。

初期ドメイン名を変更

[レンタルサーバーだけ契約する]にチェックを入れます。
まずはサーバーの契約で、独自ドメインの取得はもう少しあとでやります。

[お支払い方法の選択]をクリックします。

レンタルサーバーだけ契約する
ひろと

レンタルサーバーだけの契約ですね!

会員登録へ進む

[新規会員登録へ進む(無料)]をクリックします。

新規会員登録へ進む(無料)
ゆづき

会員登録をしましょう!

会員登録をします

[メールアドレス]を入力します。
[個人情報の取り扱いについて]をクリックして内容を確認します。
[個人情報の取り扱いについてに同意します。]をクリックしてチェックマークをつけます。

チェックマーク

「会員登録のご案内メールを送信」をクリックします。

メールの承認を行う

さきほど入力したメールアドレス宛に「承認コード」が届きます。

[承認コード]を入力して、②「次へ進む」をクリックします。

契約者情報を入力しよう

契約者名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、パスワードなど各種情報を入力していきます。

すべて入力し終わったら一番下の[確認画面へ進む]をクリックします。

契約者情報を入力

登録情報の確認

さきほど入力した内容を確認します。

確認したら、[会員登録する]をクリックします。

会員登録する
ムギ

「会員登録」が終わったら「支払い方法の選択」ニャ!

支払方法の選択

[支払いパターン]を選択してクリックして選択する。(月払いか年払いかを選択できます)
[支払方法]をクリックして選択します。(*クレジットカードをここでは選択します)
[カードの新規登録(会員メニュー)]をクリックします。

支払方法の選択

会員メニューに進む

[会員メニューへ]をクリックしてください。

会員メニューへ

クレジットの情報編集に進みます

新しいタブでメニューページが表示されます。

[カードの追加・編集]をクリックしてください。

カードの追加・編集

クレジットカード情報を登録します

[新しいカードを登録]をクリックしてください。

新しいカードを登録

クレジットカード情報を登録する

①クレジットカード番号を入力。
②有効期限の月と年を選択する。
③クレジットカードの確認番号と名義人をそれぞれ入力します。
[入力内容を確認する]をクリックしてください。

入力内容を確認する

クレジットカード情報を確認して登録

これまでの入力内容を確認します。
[登録]をクリックします。

登録
ゆづき

「カード情報」の入力が終わりました!

支払情報の入力画面に戻る

表示されているタブの[×]をクリックします。

入力画面に戻る
ひろと

「クレジットカード情報登録」は入力し終わったので[×]を押して閉じます!

支払の入力情報を再開する

[お申し込みの再開]をクリックします。

お申し込みの再開

支払情報を入力する

[セキュリティーコード]を入力します。
[お申し込み内容の確認へ]をクリックします。
*登録したクレジットカードが表示されない場合は矢印の[再読込]をクリックしてください。

支払情報を入力

お申し込みの最終確認

①すべての契約内容を確認してください。
「個人情報の取り扱いについて、基本約款(PDF方式)及びレンタルサービス約款(PDF形式)」を確認して[同意する]にチェックマークを付けます。

チェックマーク

[この内容で申し込む]をクリックします。

この内容で申し込む

レンタルサーバーの申し込みが完了しました!

申し込み手続きはこれで完了しました!
これでレンタルサーバーを使用できるようになりました。

お申込み完了!

申し込みが完了したら、登録したメールアドレスに(会員IDなど)重要情報が記載されたメールが届きます。

クレジットカード以外の支払方法を選択されました方は、支払方法の具体的なメールが届くので必ず確認しましょう。

利用料金は支払が滞るとレンタルサーバーが利用できなくなるので注意が必要です。

Webサイトの公開後に作成したWebサイトが表示されなくなってしまうなんて事態にならないようにしましょう!

ムギ

登録が終わったニャ!

まとめ

WordPressを始めるにあたって、まずはレンタルサーバーと契約しないと話になりません。

Webサイトを運営するする上での通らなくてはいけないハードルでもあり、「WordPressは専門的な知識がいるのではないか。」とか「うまく設定できなかったらどういよう。」とか最初の一歩で悩む人が非常に多いように思います。

私の経験をお話しすると、そんなに難しいものではありません。

手順通りに行えば、レンタルサーバーを借りることはたやすいでしょう。

私はさくらインターネットのサーバーを利用しておりますので、今後もさくらインターネットを通じての解説となります。

どのレンタルサーバーでも手順は似たようなものですので、まずはサーバーとの契約をしてみましょう。

次の記事では独自ドメインの取得方法について書いていきますので、興味があれば記事を覗いてみてくださいね。

5つに分けて記事を書いていきますが、順を追って記事を読んでいくと、レンタルサーバーの借り方、独自ドメインの取得方法、WordPressの簡単インストールまで一通りの初期の設定が分かるようになっております。

みなさん、頑張って設定していきましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です