【助ける】生活困窮者の自立支援相談制度

【助ける】

生活困窮者の自立支援相談制度

生活に困ったら相談しよう!

厚生労働相の政策として、様々な課題を抱える生活に困窮する方に対して、一人ひとりの状況に合わせた包括的な支援を実施しております。

困ったらまずは相談が原則です。

生活に困窮したら、ひとりで抱えないでお住まいの市町村や自立相談支援事業を実施する機関の窓口へ連絡しましょう。

ゆづき

一人で悩まないで!

ムギ

なんでも相談して欲しいニャ!

相談の流れ

厚生労働相のPDFより抜粋

生活の状況を改善したいなら、プロを交えて話をすることが一番手っ取り早いです。

今の生活にどんな課題があり、どう改善していくべきか。

国の支援を活用することで解決する場合が多々あります。

もちろんご自身で動くことも多く環境が変化する時はしんどいですが、努力した先にはきっと明るい未来が待っていると信じて頑張りましょう!

まさし院長

まずは課題の整理から!

ひろと

一つ一つ解決していこう!

例:支援メニュー

就労支援・就労準備支援

■就労に関する助言や個別の求人開拓等の支援を行います。

■また、就労に対して不安を抱えていたり、コミュニケーションが苦手といった場合に、ワークショップや就労体験といった支援を行います。

家計改善支援

■家計の状況を「見える化」することで、家計の状況を把握したり、貸付のあっせん等を行います。

■また、家賃、税金、公共料金等の滞納や各種給付制度等の利用に向けた支援も行います。

住居確保給付金

■離職等により経済的に困窮し、住居を失ってしまった方や、そのおそれのある方に対し、求職活動等を条件に、家賃費用を有期で給付します。

一時生活支援

■住居を失ってしまった方に対し、一定期間、衣食住等の日常生活に必要な支援を行います。

相談窓口について

ご相談はお住まいの市町村や自立相談支援事業を実施する機関の窓口へご連絡ください。

ゆづき

親切丁寧に対応いたします!

まとめ

どうしても生活することが困難だと感じる場合には生活保護を受けることも選択の一つですが、生活保護の金銭的な支援は必要最低限であり満足のいく金額は貰えません。

できるなら、ハローワークの休職者支援制度を活用し月々10万円を貰って家賃支援を受けながら再就職先を探すなど、次の仕事先を見つけるように動かれることをオススメ致します。

また、緊急小口資金総合支援資金などの貸付けや、国民健康保険料の減免などを活用すると家計ははぐっと楽になります。

緊急小口資金総合支援資金については無利子・無担保で条件を満たせば総額200万円が返済不要になります。

今ある制度を上手く活用していきたいですよね。

↓↓オススメ記事

【返済不要】月4万「住宅支援資金貸付」ひとり親家庭への支援

【支払猶予】電気・ガス・電話料金、NHK受信料など

【減免・免除】国保、年金、後期高齢医療及び介護保険

特例貸付【利用額1兆円越え】コロナの生活困窮者

Follow me!

【助ける】生活困窮者の自立支援相談制度” に対して10件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です